archive: 2012年12月

お正月準備

line_orange

いつの頃からかクリスマスよりお正月の方が楽しみになった気がします。
若かりし頃はロマンチックなクリスマスや華やかなパーティーに憧れ、結婚して子供が小さい頃はツリー飾りやプレゼントに盛り上がっていたけど…
今はクリスマスにサンタは来ないし、夜景の見えるレストランよりは美味しいお寿司屋さん?とか考えてしまう。チキン料理やケーキも普段食べるし、あまりクリスマス料理に燃えないのはなぜでしょう。
でもお正月は楽しい。お節ってやはり日本独特のものだし、まだまだ未知の世界であり奥深い気がします。
我が家のテレビボード脇にはステンレスの焼き物の花瓶がありなんとなく季節で飾りを変えます。
素晴らしいお正月飾りではなく、なんてんの実の赤と松や菊の緑の2色でシンプルにします。それがここ数年のマイブーム。

こんな感じです。
そしてこの他にお節のお重とおとそセットがお正月の大事な主役です。
一昨年シンプルで素敵なお重を色々探したのですが、どれも高い。妥協はしたくなかったけどやはりまだ私には高額過ぎるとあきらめ、発想を変え、DEEN&DELUCAで白の塗りのお重を購入しました。中身に細かい仕切りがついていてかなり便利。お節以外でも使えます。
おとそセットもカジュアルな雰囲気に合う「ちろり」を探しました。今年はどんなお節をつめようか今からワクワクしてます。

そんなお節作りに大活躍なのが我が家自慢のAEGの電気グリルです。プレート下には溶岩石が入っています。
ローストビーフに海老の塩焼きにと毎日働いてもらいます。

line_orange

お節お手伝い

  • 2012.12.28 (Fri)
  • category : 料理
line_orange

私のお料理の師匠は友人のお母様。住宅街の一軒家にて毎日お料理を教えている先生。
全く宣伝せずに主婦の口コミだけで生徒がどんどん増え、今や日曜日以外ほとんど毎日教室を開催してます。和洋中と様々なお料理を美味しいお店や本より抜粋し、研究し家庭で作りやすくアレンジして教えて下さいます。どこそこの有名なお料理学校に行かれたわけでもなく全てご自分で勉強されたお料理の味は格別です。先生曰く「もぐりですのよ」って。
でももう70歳を超える先生のバイタリティーと経験に皆魅せられてしまい、1か月に1回を楽しみに通うのです。
そんな人気料理教室の先生ですが私にとっては高校時代からの親友のママであり、あの時もあの夜もお世話になった大好きな叔母さん。
私の料理好きはもしかしたら叔母さんとの出会いから始まったのかもとさえ思う。

そんな先生は年末になると大忙し。注文を受けているお節の準備に1か月以上前から取りかかり年末は戦争のようです。(お料理教室もやりながらですからね)
数年前から後学の為にお節作りお手伝いに行くようになりました。まあ友人との雑談や味見?お土産?も目的ですが…。

今年お手伝いしたのは牛肉入り昆布巻き

千草焼き

蟹茶巾

あなごと牛蒡のいかだ煮

朝からはじまり、二百個近く作り終えると夕方にはプロフェッショナルになるのですがまた来年は一から教わらないと…。
今年は2日にかけてお手伝いに行きました。まあたったの4~5品のお手伝い。
先生はこの他何十種類も作って詰めるのです。素晴らしい~
さあ我が家のお節の準備にそろそろかからないと、2日の修行が生かされるかどうか。

 

line_orange

I様邸

line_orange

 

来月末にキッチン設置予定の日吉のリフォーム現場です。
上はこだわりのステンドグラスをはめ込んだ2階のお部屋。光が差し込みノスタルジックな雰囲気がたまりません。
施主様はとにかくご自分の世界をしっかりと持たれた方。
この古いお家を購入し、1年かけて丁寧にリフォームをされています。
広島の海軍さんのお宅で使われていた古い建具やタイルのお風呂、トイレ、漆喰の壁等々
とにかく隅々まで吟味してこだわってらっしゃいます。

今時めずらしいタイルのお風呂

古い建具

ここは日吉の駅からほどない距離の閑静な住宅街。バス通りより1本入っているので車も滅多に通らず、とても静かです。
私が一番気に入っているのは南側に面した日当たりの良い縁側です。
ここでお茶を飲みながら職人さんと並んで打ち合わせをしていると…なんだか優しい気持ちで話が進行していきます。

こんな素敵な空間の家作りに関われて本当に光栄。完成は来年2月です。

line_orange
プロフィール
portrait_blog

キッチン プランナー
キッチン スペシャリスト

上田 千佳子

ライフスタイルや家族構成、好きな雑貨やお持ちの調理機器を伺い、素材、仕様、寸法などをひとつひとついっしょに考えながら、あなただけのオーダーメイドキッチンをご提案します。
横浜市の自宅キッチンをショールームとして開放していますので、実際に、調理や盛りつけ・片付けを体感していただけます。
キッチンセミナーやタイ料理教室、天然酵母パン教室など、イベントも開催していますので、気軽にお問い合わせください。

ショールーム
showroom

神奈川県 横浜市 保土ヶ谷区岩井町302
tel : 090-6190-6462
fax : 045-716-5969
e-mail : info@inthekitchen.biz

line_gray line_gray line_gray

雑誌に掲載されました

ad_plus1living_b

主婦の友社 PLUS1Living Special 一冊まるごと「かわいいキッチン」に掲載されました。