archive: 2013年5月

オーダーキッチンセミナー in こころみカフェ

line_orange

IMG_2955

春になって何か新しい事にチャレンジしてみたい、触れてみたいという方向けイベントのお知らせです。
海と空と江の島をバックに新しい自分をさがしてみませんか?
700px 今回は私を含め4人のスペシャリストが講座、セミナー等を行います。700px20130527こころみカフェチラシ

私のブースではオーダーキッチンのセミナーを致します。
キッチンが大好きな方、今のキッチンをなんとか変えたい方、また特にキッチンのリフォーム等は考えてないけど面白そうだから…なんて方でも楽しめるようなセミナーにしたいと思っております。
一応前半後半に分けますが是非両方参加して下さい。勿論他のブース参加前後に途中参加でも結構です。
前半はオーダーキッチンとはどういうものかの説明を致します。
そして後半は実際の施工例をご覧いただいた後、キッチンが作られている素材を手に取り、自分だけの理想のキッチンを空想の世界で作ってみます。

日頃の喧騒から離れ、江の島で楽しい夢を一緒に作ってみませんか?
夢は自由ですからね♡

フェイスブックでもご案内しております。http://www.facebook.com/events/487860144615604/

お申し込みは下記になります。
[contact-form-7 404 "Not Found"]

line_orange

北鎌倉 幻董庵

line_orange

少し前になりますが、中々予約が取れない北鎌倉の幻董庵に友人5人と行ってまいりました。
鎌倉は素敵なお店が多いのですが最近はどちらかというとフレンチやイタリアン、創作和食等の美味しくてカジュアルなお店に行くことが多かったのですが今回は本当の?和食です。
古民家を改築した味わい深いたたずまいに最初からノックアウトです。
1

写真

なんでも田中絹代が一時別邸に使っていたという古民家らしいです。北鎌倉から徒歩で約8分位。住宅街を入り、車も通れない、不安になるくらい細い道を通っていきます。

完全予約制で昼は1階2階とも大きなお部屋にテーブル席6席位、十数人づつ入れる感じですが、夜はなんと贅沢に1階と2階で1日2組限定だそうです。う~んお忍びっぽい感じ。

『ミシュランガイド東京・横浜・湘南2013』でも2年連続で一つ星だそうです。

何はともあれとても素晴らしいお料理の数々ご覧ください。
全てかなり手の込んだ繊細なお料理。お料理の説明きちんとう伺ったのですがうろ覚えの為省略します。どれも奇をてらってない親しみやすい、どこか懐かしい感じのお味でした。
是非リピートしたいお店です。
3  4 5 6 7

ここまで約1時間位でしょうか。女性5人が集まるとまあ~話は尽きない尽きない…
皆、お食事いただくのもお話ししするのも何か写真やパンフレット等を見せるのも大忙しです。お店の方、きちんとでも出しゃばらずにお料理の説明をしてくださいました。
そして最後のお食事とデザートがこちらです。
ご飯8

おかげ様でオーダーキッチンのお仕事やセミナーの依頼、イベントの準備がたてこみブログの更新が滞っておりまして申し訳ありません。
ちょっと前に行った素敵なお店をご紹介致しました。
これからの季節、鎌倉の方はとても気持ちが良いです。梅雨になる前、真夏になる前がお勧めです。

 

line_orange

キッチンに必ず必要なもの

line_orange

オーダーキッチンの仕事を始めて十数年になりますが、常々思う事、またご依頼いただく主婦の方から必ずご相談受ける事が二つあります。
ひとつはキッチンでのごみ箱の居場所について、そしてもうひとつは布巾もしくはタオルかけについて。 これはきっと主婦にとっては永遠の悩みですよね。
よくシステムキッチンや外国製のキッチン等にはシンク下の大型引き出しの中に蓋つきのごみ箱が設置されていたりします。でも…引き出しの中にゴミ入れる事にちょっと抵抗ある方結構多いですよね。勿論私もその一人。また、シンク下の扉を開けるとスライド式のごみ箱が入ってるタイプもちょっと抵抗があります。

In The Kitchenではシンク下をオープンにしてゴミ箱を置く事をご提案しております。
対面式の場合は死角になりますが、そうではないキッチンの場合はワゴンタイプのゴミ箱を製作したり、カーテンをつけたり(来客時のみカーテンを閉めます)と色々お客様のお好みとアイディアを参考にご提案させていただいております。(ちょうど良い写真が無いのが残念です)

我が家のキッチンはこんな感じです。

IMG_0266生ごみもプラごみもシンク前に立ちながらバンバン?入れます。ペダル式なのでこんな風にはかがみません。これはゴミを出しの日の感じですね。

IMG_1107

そしてもう一つの主婦の悩みの種は布巾です。
今は食器洗い乾燥機を使用しているご家庭も多いとは思いますが、でも手を拭く布巾と食器を拭く布巾は絶対にぜったいに必要です。このぜったいにと力を入れるのには理由があります。あるお客様から伺ったお話しです。お客様はとあるシステムキッチンメーカーでランクの高いキッチンを検討していたところ「布巾はどこにかけたらよいかしら?」と担当の方に聞いたところ「食洗機があるのでいりませんよ」って。お客様「???。食洗機に入らないお鍋を拭いたり、大体手は拭きたいわ。」と言ったところ、担当の男性の方は暫く考えた後こう言ったそうです。
「オプションで吊り戸の中にツールバーを設置しキッチンペーパーを収納できますよ。手はハンドタオルとかで拭いたらどうですか?…」とちょっとそんな事はそんなに重要では…的な返答が帰ってきたそうです。
キッチンに立って作業をしていたら数分に一回は手を拭きます。その度にハンドタオルをどこから持ってきてどこに置くんでしょうね?まあエプロンをしていればそこで拭いたりタオルをポケットにいれたり出来るけど…家族やお客様が手伝ってくれた時はどうするの?
キッチンペーパーだってそれなりの金額がかかるんんだから何枚も使うのは勿体ない。
きっと主婦なら誰でもそう考えますよね~
たまにではなく、毎日毎日気分が良い時も悪い時も忙しい時も、キッチンに立つ、立たなければならない人にしかわからない事ってありますよね。

In The Kitchenでは布巾やタオルをかける場所も重要項目としてお打ち合わせします。
キッチンによって、またお客様それぞれのタイプで最適な場所は違いますが、なくてはならないものですよね。
因みに我が家はアイランドの側面にツールバーをつけて手を拭くタオルと布巾をかけております。シンク前はゴミ箱があるので引き出すたびに触れるのは嫌だった為、こちらにつけました。

ふきん

こんなシンプルバーです。

IMG_3393

In The Kitchenなりのこだわり 今後ともご紹介していきたいと思います。

 

line_orange
プロフィール
portrait_blog

キッチン プランナー
キッチン スペシャリスト

上田 千佳子

ライフスタイルや家族構成、好きな雑貨やお持ちの調理機器を伺い、素材、仕様、寸法などをひとつひとついっしょに考えながら、あなただけのオーダーメイドキッチンをご提案します。
横浜市の自宅キッチンをショールームとして開放していますので、実際に、調理や盛りつけ・片付けを体感していただけます。
キッチンセミナーやタイ料理教室、天然酵母パン教室など、イベントも開催していますので、気軽にお問い合わせください。

ショールーム
showroom

神奈川県 横浜市 保土ヶ谷区岩井町302
tel : 090-6190-6462
fax : 045-716-5969
e-mail : info@inthekitchen.biz

line_gray line_gray line_gray

雑誌に掲載されました

ad_plus1living_b

主婦の友社 PLUS1Living Special 一冊まるごと「かわいいキッチン」に掲載されました。