category: 日々の出来事

成人式

line_orange

DSC_6673-1 先日は長女の成人式でした。

高校の同級生のカメラマンに晴れ姿を撮っていただきました。
学生時代はあまり接点がなかったのですが、共通の友人を通してご活躍は伺っていました。最近は30年ぶり位に開かれた同窓会からフェイスブックを通して盛り上がっている高校時代の友人達と色々な場面でご一緒させていただいてます。
彼もそのうちの一人。親しみやすいキャラクターと優しい笑顔、巧妙なトークで我が家の家族皆を和ませ笑顔にし、素敵な写真をたくさんカメラにおさめてくれました。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.554066518018753.1073741833.107859525972790&type=1

因みに着物は私が成人式に着たもの。母は感慨深い気持ちだったと思います。

昨年の方には申し訳ないほどお天気も良く、車椅子の父も孫の晴れ姿に目を細め喜んでいました。

家族皆で笑顔になれた幸せな一日でした。

「20年間無事に育ってくれて有難う。

これからのあなたの人生。夢に向かってあなたらしく生きてね。

いつも応援してるよ。」

DSC_6656-1

line_orange

明けましておめでとうございます

line_orange

明けましておめでとうございます。
そろそろこの言葉も言われなくなってきた、こんな遅くの投稿になってしまいました。

年始より主人の実家にお節を持って泊りがけで行き、その後母の実家(福島)にやはりお節を持って2泊3日で行き、新年会の料理長(?)として腕をふるってまいりました。

帰ってきてからも長女の成人式の準備等におわれ結構忙しくばたばたしておりました。
やっと昨日、今日で日常に戻り落ち着き始めたところです。

遅くなりましたが今年のお節です。

IMG_4407

相変わらず、伝統やしきたりは気にせず、好きな物、美味しい物をセレクトして詰め合わせました。

伝統やしきたりはとても大事だと思っているのですが、それにとらわれるとあまり皆が食べない物や市販の物を買ってしまったりになり、挙句、誰も箸が進まず残ってしまう…
なので我が家は(というか私は)数年前から思い切って我が家流を貫く事にしました。

それはDEAN & DELUCAのお重を購入した時に決めたことかな。

小さい頃娘達は「お節って食べる物無い~」と言って見向きもしなったのです。
お正月のお節を毎年楽しみにして欲しい、私流でも良いからきちんと季節の行事は娘達に伝えようと思ったのです。

それはきっとお嫁に行っても親になっても心に残り、思い出しては懐かしんでくれるかなと思って。

だから飾りも全て私流。
鉄製の花器に菊と松となんてんだけを飾り、白いお重(塗りです)にガラスのちろり。
1503412_440194289442931_1163677813_n

そしてお節は本当に色々、大好きな物を詰め込みました。

左上から牛肉入り昆布巻き、数の子、牡蠣とドライトマトのマリネ、しめサバのネギ和え、鮭鮨、きんぴらごぼう、栗きんとん、田作り、春菊のクリームチーズ和え(梅肉ソースのせ)

IMG_4413

鴨の燻製(キノコのソース添え)

海老のガーリック焼き IMG_4414

ローストビーフ

鰆のつけ焼き

ふっくら伊達巻 IMG_4412-1

今回の最大の目玉は鮭鮨。

2週間前から仕込んだかいあって旨みが凝縮され日本酒にあう一品になりました。

IMG_4401-1
まあ少しくせがあるので娘達にはあまり好まれませんが…。

そして変わりどころといえば春菊のクリームチーズ和え。
クリームチーズに白味噌や卵黄等を混ぜ込み、湯がいた春菊と和えます。
そこへ出し汁や酒を合わせた梅肉ソースをちょこっとのせ、混ぜながら食べます。
想像出来ない味でしょうけど絶品です。

今年のお節も師匠(お料理の先生)のお手伝いに行き、お裾分けしていただいた伊達巻や昆布巻き等含め全て手作りです。

あちこちに年始のご挨拶がてら持って行き、大好評でした。
なにより家族も準備の時から楽しみにしていて、お肉焼いたり、野菜和えたり、味見がてら少しは手伝ってくれました。
そして元旦、並べられたお重に軽い感嘆の声を上げ、これは美味しいとか、あれが今年は無いとかこっちは食べづらいとかお節を話題にひとしきり盛り上がりました。

これで私にとって一大イベント?が無事終了。

そして今日は七草粥の日。

うちの家族、七草粥もあまり好まない…なので今日は「中華粥七種のせ」にしようかな(これも私流で)

 

 

 

 

 

 

line_orange

北鎌倉 幻董庵

line_orange

少し前になりますが、中々予約が取れない北鎌倉の幻董庵に友人5人と行ってまいりました。
鎌倉は素敵なお店が多いのですが最近はどちらかというとフレンチやイタリアン、創作和食等の美味しくてカジュアルなお店に行くことが多かったのですが今回は本当の?和食です。
古民家を改築した味わい深いたたずまいに最初からノックアウトです。
1

写真

なんでも田中絹代が一時別邸に使っていたという古民家らしいです。北鎌倉から徒歩で約8分位。住宅街を入り、車も通れない、不安になるくらい細い道を通っていきます。

完全予約制で昼は1階2階とも大きなお部屋にテーブル席6席位、十数人づつ入れる感じですが、夜はなんと贅沢に1階と2階で1日2組限定だそうです。う~んお忍びっぽい感じ。

『ミシュランガイド東京・横浜・湘南2013』でも2年連続で一つ星だそうです。

何はともあれとても素晴らしいお料理の数々ご覧ください。
全てかなり手の込んだ繊細なお料理。お料理の説明きちんとう伺ったのですがうろ覚えの為省略します。どれも奇をてらってない親しみやすい、どこか懐かしい感じのお味でした。
是非リピートしたいお店です。
3  4 5 6 7

ここまで約1時間位でしょうか。女性5人が集まるとまあ~話は尽きない尽きない…
皆、お食事いただくのもお話ししするのも何か写真やパンフレット等を見せるのも大忙しです。お店の方、きちんとでも出しゃばらずにお料理の説明をしてくださいました。
そして最後のお食事とデザートがこちらです。
ご飯8

おかげ様でオーダーキッチンのお仕事やセミナーの依頼、イベントの準備がたてこみブログの更新が滞っておりまして申し訳ありません。
ちょっと前に行った素敵なお店をご紹介致しました。
これからの季節、鎌倉の方はとても気持ちが良いです。梅雨になる前、真夏になる前がお勧めです。

 

line_orange
プロフィール
portrait_blog

キッチン プランナー
キッチン スペシャリスト

上田 千佳子

ライフスタイルや家族構成、好きな雑貨やお持ちの調理機器を伺い、素材、仕様、寸法などをひとつひとついっしょに考えながら、あなただけのオーダーメイドキッチンをご提案します。
横浜市の自宅キッチンをショールームとして開放していますので、実際に、調理や盛りつけ・片付けを体感していただけます。
キッチンセミナーやタイ料理教室、天然酵母パン教室など、イベントも開催していますので、気軽にお問い合わせください。

ショールーム
showroom

神奈川県 横浜市 保土ヶ谷区岩井町302
tel : 090-6190-6462
fax : 045-716-5969
e-mail : info@inthekitchen.biz

line_gray line_gray line_gray

雑誌に掲載されました

ad_plus1living_b

主婦の友社 PLUS1Living Special 一冊まるごと「かわいいキッチン」に掲載されました。