category: オーダーキッチン

プチプチリフォーム

line_orange

20年近く通っているお料理教室の先生。高校時代からの親友のお母様であり、私の料理生活の師匠。そんな叔母様のキッチンを先日プチプチリフォームさせていただきました。
9月のお料理教室の作品

http://inthekitchen.biz/blog/?p=919

今回一番頭を悩ませたのはシンク出窓前。とにかくほとんど毎日(週5日一日5人以上のレッスン)教室をされていて、調理道具(ボウル、ザル、お鍋、フライパン、まな板)はいつも大抵何セットも出しっ放し、もしくは洗ってカゴで待機中。
なのでいつもシンク前は山盛りです。下記はまだ少ない方です。ボウルはのせきれなくて洗って拭いてしまって、すぐにまた出してという感じです。

真辺邸シンク前出窓before

私は常々その流れの不便さをなんとかしましょう~と言っておりました。

出窓部にピシッと洗った調理道具を美しく並べ、ザル、ボウルなどはしまわないで定位置にしてしまう。
そんなイメージでしたが実際、考え始めるとこれが結構難しい。2m近いテンレスパイプを壁から壁へわたすとどうしても撓んでしまうし、まな板立ても必要。小物も入れも必要だし…

試行錯誤の上、このようになりました。

真辺邸シンク前

1mのオーダー水切りラックはウォールナットの側板にステンレス19㎜パイプをわたし、どっしりと安定感のある仕上がりです。
その右わきには市販の水切りラックを置く予定です。一番右端には業務用まな板立てを置き厚いまな板を並べました。

予算やスペースの関係で今回はオーダーに市販品を組み合わせることになりましたが、他にはない堂々とした水切りラックは格好良く、それがあるだけで空間の質が上がる感じがします。

その右のタイル部にはツールバーをつけ大匙小匙やツール類に洗ったら戻す居場所を作ってあげました。もう「大匙どこ~?おたま知らない~?」なんていう事にはならないでしょう。
真辺邸ツールバー2

そしてもうひとつの問題は調味料置き場。いつも様々な調味料が必要な料理教室。
一度に何品も作るので誰もが分かる場所に誰もが分かるように置いてあるべきなのですが…

真辺邸コーナーbefore2

ちょっと空間の無駄使いをしております。

棚を作って、調味料入れを新しくし、ついでにいつも吊り戸の上や引出しの奥から出してきていたスパイスや乾物類も一気に整理しましょう。

真辺邸コーナー

これだけ調味料があるので絶対に思い切って飾ってしまった方が使い易いうえにインテリアになるという読みは大正解。「THE料理家!]という感じです。

同じ瓶が沢山あるのってプロっぽくて凄く好きです。
真辺邸調味料1

お砂糖、お塩、小麦粉などはやはりサッと取れてしまえる取っ手付きタイプをご希望。
勿論中身が見えるようにクリアタイプ。蓋裏には密閉ゴムもついています。

 

真辺邸調味料2-2

そしてゴミ箱スペース。

今までは扉内側のフックにビニール袋をかけ、ごみを入れてました。
いつも「生ごみはどこ~?」「これプラ~?」など皆が困っていました。
小さいビニール袋がいっぱいになると外の大きなゴミ箱へ持っていき、また新しい袋をかけて…となんとも不便でした。
真辺邸ごみ箱取り付け希望部2

開き扉を加工し、引出し式のドイツ製のごみ箱を取り付けました。

真辺邸ごみ箱アフター

扉を閉めれば蓋が閉まり、匂いも気になりません。
真辺邸ごみ箱部

蓋はしっかりとした素材なので上に重いものをのせても大丈夫。収納スペースもしっかり確保です。

真辺邸ごみ箱扉タオルバー

手がけ加工の扉ですがしっかりとしたタオルバーをつけました。

布巾も手拭もかけられます。

以上とある日曜日(お料理教室がお休みの日)約一日かけてプチリフォームさせていただきました。

結果、大変喜んでいただきました。

「凄く使い易くなって、本当に嬉しいわ。もっと早くお願いすれば良かった。お教室の生徒さんも大喜びですよ!毎日綺麗に保とうと頑張る気になります。」と先生のお言葉いただきました。
来週の月曜日はお料理教室です。さあ~実際に私も体感してきます。

 

 

line_orange

好きな物に囲まれて…

line_orange

今朝は昨日オーダーキッチンの打ち合わせにいらしてくださったお客様からいただいた天然酵母のクロワッサンを最近購入したジノリのお皿で。

IMG_4216

軽い感じなのにもちっとしていてとても美味しかったです。
私はゴマをいただきました。
メープル、シナモン、ココア、紅茶…と色々な種類があって娘達は結構揉めてました(#^.^#)
どれも美味しそうです。

http://www.mikadukiya.com/

今週は自宅ショールームにて打ち合わせが2件あり、そして明日はらーぷ先生をお招きしてタイ料理教室があります。
今回は是非にというお声で開催を決めたので、ブログ等での告知はしませんでしたがあっという間に8人集まりました。やはりタイ料理は女性心をくすぐるのね~

最近タイ料理のお店も増えてきましたが、大抵、お客さんの80%は女性。

でも…でも…私的には残念なお店が多いように思われます。見かけはタイ料理なんですが絶対的に味が違う!

グリーンカレーはちょっと薄っぺらい味。
ガパオ飯はなんだかそぼろご飯にバジル入れただけ?
カオマンガイは鶏くさいボンヤリした味。

辛口のようですが多分らーぷ先生のタイ料理を食べれば誰でもこの違いを感じるはずです。

http://ameblo.jp/laap/

明日のお教室の様子はまた後日UPします。盛り上がりそう♡

というわけで今週は来客が多いので前々から保留にしていた調味料入れのリニューアルを週末に実行しました。多少、妥協や仮の部分もありますがこのようになりました。

調味料入れ

右から粗塩、きび砂糖、小麦粉、クルミ、片栗粉、炒りごま、すりごま。

本当はガラスにステンレスの蓋という容器が良かったのですが、アクリルばかり…やっと見つけたジョージジェンセンのは非常に高額で手がでませんでした。

色々なお店を見て廻っていた時に見つけた今回のお気に入りのお買いものは

IMG_4224

色や形がすごく気に入ってしまって思わず購入してしまいました。
しばらくは使わないで眺めて楽しむつもりです。その後中身を使って、また詰め替えてみよう。
キッチンにこういう新入りのお気に入りがあると幸せな気分になります。

ダイニングには明日のタイ料理教室の為に赤唐辛子をディスプレイしてみました。
これは結構受け狙い。娘達には不評です~

IMG_4221

 

line_orange

秋の味覚~居心地の良いキッチンで~

line_orange

IMG_4190

10月になっても暑い日が続きうんざりしていましたが、ここ数日少し過ごし易くなってきました。

秋になると収納スペースから出してきて活躍するのが土瓶です。
松茸は焼いたり、ご飯にしたりと色々お料理はありますが我が家は絶対的に土瓶蒸しが好きです。といっても国産はちょっと手がでないのでアメリカ産とかカナダ産とか…
しっかり6人分取れて1400円位で売っているので、鶏肉や海老等を入れ、具沢山にしてお酒のつまみに。また、青物とかまぼこだけ入れてお吸い物変わりにと頻繁に食卓に並びます。

何といっても凄く贅沢な感じがしていつもの食事も特別な感じがします。

夕食

昨晩は土瓶蒸しにさつまいもご飯、筑前煮、お豆腐の梅紫蘇のせ、揚げ茄子の味噌餡かけ。
残り物や保存食を利用した簡単メニューでしたが土瓶蒸しのお蔭でちょっぴり豪華な雰囲気に。

手の込んだお料理ではなくても季節を感じさせるものや、旬のものをいただく事はとても大事なことだと思います。

私はあまりしきたりや習わしを気にせず、出来る事や気に入った事だけを見よう見まねでやってみます。だから七草粥の七草はニラと青梗菜とか入れて中華風にしてしまったり(だっていわゆる七草だと子供達食べないから…)、豆まきの時の恵方巻きは韓国風だったり…結構ハチャメチャです。
食べないから作らないというよりは、食べれるように勝手に変換してしまう感じです。
良いか悪いかはわかりませんがそんな風にして創作料理のレシピが増えることは確かです。

居心地の良いキッチンでのんびりと一人でレシピを考案する時間も好きですし、娘達や夫と味見をしながらあーだこーだと調味料を付け加えて料理を完成させる時間もとても大事な時間です。
そして、友人達と食材持ち寄りワイワイと料理を作る時間も最高に楽しく幸せなひとときです。

IMG_2133501,2800400120516

居心地の良いキッチンでのお料理はなんだか楽しくて皆自然と笑顔になるんです。

そんなキッチンをご提案出来たらと思っております。

 

 

 

 

 

 

line_orange
プロフィール
portrait_blog

キッチン プランナー
キッチン スペシャリスト

上田 千佳子

ライフスタイルや家族構成、好きな雑貨やお持ちの調理機器を伺い、素材、仕様、寸法などをひとつひとついっしょに考えながら、あなただけのオーダーメイドキッチンをご提案します。
横浜市の自宅キッチンをショールームとして開放していますので、実際に、調理や盛りつけ・片付けを体感していただけます。
キッチンセミナーやタイ料理教室、天然酵母パン教室など、イベントも開催していますので、気軽にお問い合わせください。

ショールーム
showroom

神奈川県 横浜市 保土ヶ谷区岩井町302
tel : 090-6190-6462
fax : 045-716-5969
e-mail : info@inthekitchen.biz

line_gray line_gray line_gray

雑誌に掲載されました

ad_plus1living_b

主婦の友社 PLUS1Living Special 一冊まるごと「かわいいキッチン」に掲載されました。