日吉の古民家

line_orange

2013年はブログのUPをまめにしようと心に決めたはずがかなりのご無沙汰になってしまって少々心が痛んでおります。

いよいよ今週末には日吉のI様邸のキッチン設置です。
最期の仕上げに取手とタオルバー選びが残りました。

上は我が家の食器棚、もう10年以上前に製作してもらったもの。取手はシルバーの少々ごっついタイプ。以前はアイアンをつけてちょっと可愛い雰囲気にしていましたが、5年前位にシルバーに変えイメージチェンジしました。

I様は昭和モダンなタイプがお好きなので真鍮をご希望でしたが…金物屋さん等で販売されている真鍮はクリアーで仕上げられているものばかりです。メンテナンスや傷のクレーム等を考えると仕方ない事です。ただ逆にクリアーで仕上げられていると使っていくうちに汚れたり、さびたりしていい感じの味がでる事もないのです。

それが上のタイプです。
今回はアンティークショップ等から色々なタイプ取り寄せてみました。

いい感じの錆び具合にわくわくしました。さあ~I様どれにしましょうか?

オーダーキッチンの場合、取手にこだわるお客様がひじょうに多く、同じ面材のキッチンでも取手によって表情はかなり変わってきます。

因みに上は我が家の書斎のカウンター下に並べたSISLEYのワゴンです。
取手は少しボテッとしていてシルバーなのに暖かい感じです。

リビングのカウンター下はちょうど良いサイズが中々見つからず苦労したけど、結局IKEAで購入。SISLEYと違ってスッキリシンプルな取手です。(金額もスッキリでした)

取手ひとつ決めるのに時間をかけるのがオーダーキッチンの良さだなと改めて実感しました。
それはアクセサリーのようなもので、白いシャツにパールのネックレスをすればエレガントになるしシルバーを合わせればシャープにかっこ良くなり、ターコイズや皮紐ならカジュアルに…

I様邸キッチンも無垢の面材に仕上げのアクセサリーをつけ、どんな雰囲気を醸し出すのか楽しみでもあります。いよいよです。

line_orange
プロフィール
portrait_blog

キッチン プランナー
キッチン スペシャリスト

上田 千佳子

ライフスタイルや家族構成、好きな雑貨やお持ちの調理機器を伺い、素材、仕様、寸法などをひとつひとついっしょに考えながら、あなただけのオーダーメイドキッチンをご提案します。
横浜市の自宅キッチンをショールームとして開放していますので、実際に、調理や盛りつけ・片付けを体感していただけます。
キッチンセミナーやタイ料理教室、天然酵母パン教室など、イベントも開催していますので、気軽にお問い合わせください。

ショールーム
showroom

神奈川県 横浜市 保土ヶ谷区岩井町302
tel : 090-6190-6462
fax : 045-716-5969
e-mail : info@inthekitchen.biz

line_gray line_gray line_gray

雑誌に掲載されました

ad_plus1living_b

主婦の友社 PLUS1Living Special 一冊まるごと「かわいいキッチン」に掲載されました。